角質ケア 足裏

足裏の角質ケアを体験してみました。

私の足裏の皮膚は硬くて、かかとはいつもがさがさ。ストッキングはいつもかかとから伝線が入ります。

 

お風呂場でよく軽石とかで角質ケアをしても、全く変化しないぐらい、角質が厚くなっています。

 

足をビニールですっぽりくるんだまま、ジェルローションで足を浸して角質ケアができるという商品が発売されていますが、実際にやってみました。

 

行ったのは冬場だったのですが、結構冷たくて寒かったです。大体1時間ほど浸し続けます。

 

また、足を浸したまま食器を洗ったり片付けをしながらやったので、ぴちゃぴちゃして気持ちが悪く、お風呂上がりにゆっくりやればよかったと、心底後悔しました。

 

1時間経過した後、足に付いたローションをお風呂場でよく洗い流します。

 

かかとや足の裏の角質がぼろぼろむけてすごいことに。触るとすごいやわらかくなっていました。

 

ただこの後が結構大変でした。寝ている間にも角質がむけて、シーツが角質だらけに!ぼろぼろむけて、真っ白になってしまいました。

 

それからも日にちがたっても少しずつむけて、私の足裏ってそんなに角質が厚かったのかと思いました。

 

で、結局きれいになったのかというと、さほどきれいになった感じもなく、やはりこの手の角質ケアは定期的に行うこと、角質ケアを行った後はしっかり保湿クリームなどを塗って、後々のケアをちゃんとしないと、足裏はきれいにならないようです。

 

結局、その後放置して、元の木阿弥に。足裏の角質は、ちゃんと継続してケアすることが大事なのだと改めて思いました。