角質ケア

乾燥肌・敏感肌の方の角質ケア

乾燥肌や敏感肌になると、お肌にセラミドが不足してきます。

 

セラミドが不足すると、整然と並んでいた角質がぐらつきはじめ、その隙間から水分が蒸発するため、ますますお肌が乾燥するという悪循環に陥ります。

 

乾燥が進んでひどくなると、ぐらついていた角質が一部はがれ始めます。よく乾燥肌の方の肌が粉を吹いて見えるようになるのはこのためです。

 

また角質の隙間から外部刺激が入り込むことによって、お肌が刺激を受けるようになった状態を敏感肌といいます。

 

本来古くなった角質は時期が来るとはがれ落ちますが、乾燥肌や敏感肌の場合は、まだはがれる時期ではない角質がはがれるため、成長していないまだ未熟な角質が肌表面に出てくることになります。

 

乾燥肌や敏感肌の方がこうした状態で角質ケアを行うと、こうした未熟な角質をまた無理やりはがしてしまうことになるので、あまりおすすめできません。

 

確かに未熟な角質層は水分保持能力が低いため硬くなります。手で触るとごわついた感じがするようになるので、角質ケアを行いたくなるのですが、角質ケアよりも、まずは保湿化粧品でセラミドを補い、肌のターンオーバーを正常な状態に戻していきましょう。

 

もし角質ケアを行った場合は、必ず美容液で保湿をたっぷり行うこと、そして外出するときは必ず日焼け止めを塗って紫外線からお肌を守ることを忘れないようにしましょう。

 

敏感肌の方も、お肌の炎症が治まるまではピーリングなどの角質ケアは控えたほうがいいでしょう。