角質ケア

角質ケアで肌トラブルを改善しましょう!

お肌に古い角質が残ったまま、ケアをしないでいると、皮膚の生まれ変わり、いわゆる肌のターンオーバー機能が低下して、新陳代謝が悪くなります。

 

そうすると、お肌の表面が厚くなって皮膚が硬くなり、触るとごわごわとした感触になります。

 

こうした状態で角質ケアを行わないで放置すると、肌のくすみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ、ニキビなどなど、さまざまな肌トラブルを引き起こす要因となります。

 

どんなに高い美容液を使っても、古い角質が残ってお肌が硬い状態では、浸透しにくいので効果が半減してしまいます。いろいろな化粧品を使ったけれども、効果が感じられないという場合、角質ケアを行うと以前より改善するということがよくあります。

 

肌のトラブル別角質ケアの効果

肌のくすみ

くすみとは、お肌の透明感が失われて、顔の血色がよくない状態のことです。血行不良や、加齢によるターンオーバーの乱れがお肌のくすみの原因です。

 

常に体を冷やさないようにしたり、リンパマッサージをしたりすることで血行を促し、週に1〜2度、ピーリングや酵素洗顔など、角質ケア化粧品を使って古い角質を落としていきましょう。

 

スキンケアに加えて、規則正しい食事と睡眠、ストレス発散を心がけてホルモンバランスを整え、ターンオーバー機能を正常な状態に戻していきましょう。

 

毛穴の開きや黒ずみ

毛穴が開く主な原因は、乾燥によって皮膚が引っ張られることと、古い角質がたまって角質肥厚を起こしてしまうことです。

 

もともと皮脂を分泌しやすい方や、乾燥しやすい方、加齢によって肌がたるんできた方に多いお悩みです。

 

こういったお悩みの場合にも、角質ケアはとても効果的な方法です。古い角質を除去することで、毛穴の中の黒ずみも目立たなくなり、保湿化粧品の浸透もよくなるので、毛穴の開きにも有効です。

 

ピーリングも効果的ですが、ピーリングが少し怖いという方には、角質ケア化粧品をふだんのスキンケアに変えるだけで目立たなくなります。こちらで紹介されている化粧品などがおすすめです。>毛穴の開きを治す化粧品

 

ニキビ

角質ケア,肌のくすみ,毛穴ケア,ニキビ

ニキビは思春期だけでなく、最近では大人になってもできる大人ニキビにお悩みの方が多いようです。

 

ニキビは毛穴に皮脂や汚れ、古い角質が詰まって、それをエサとするアクネ菌が毛穴の中で繁殖して炎症を起こしてしまう皮膚疾患。

 

これを治すために、殺菌力の高い洗顔料でごしごし洗顔をしたり、保湿をしないスキンケアを続けていたりと、間違ったケアを行ってはいませんか?

 

こうした間違ったスキンケアを続けていると、ニキビは治るどころか、悪化して、最悪の場合ニキビ跡になって残ってしまいます。

 

今まで使っていたニキビ用の化粧品を使ってもなかなか改善しないという方は、角質ケアを行って、毛穴詰まりを防ぐことで、新たなニキビができるのを予防することができます。

 

ただし炎症を起こしているときは控え、炎症が治まってからトライしてみましょう。